訪問看護師 就職

訪問看護師の就職先

自宅で療養している患者さんのもとに行ってケアを行う訪問看護師ですが、この訪問看護師はどこに就職するものなのでしょうか?

 

まず訪問看護師の看護師免許を取得し、その後は訪問看護ステーション・保健所・市町村保健センターなどに就職します。
この就職のまえですが、市によっては研修が必須となるところもあります。
まずは市に確認してきましょう。

 

訪問看護師の仕事内容はどこにいっても変わりありませんが、待遇や勤務条件などに違いがあります。
それはどこに就職するかによって変わりますので、色々な希望がある人はまず面接を受ける前に条件や待遇を確認しておきましょう。

 

訪問看護の求人はたくさんあります。
今は高齢の患者さんがとても多いので、家にまで来てもらえる訪問看護を利用する人はとても多いのです。
ですので探せば自分の条件に合う求人が見つかると思いますので、じっくりと探していきましょう。
焦って決めると後悔することになりますよ。

 

保健師求人|非公開求人を探すならここ!

 

 

託児所付きの病院

託児所のある病院で働く

女性は結婚、出産を必ず迎えると思います。
結婚の際は仕事を辞める必要もありませんが、出産を迎えた場合は辞めざるをえません
大きなお腹で働くことは危険ですし、生まれた後は育児で仕事どころではありません。
子どもが少し大きくなればいいのですが、それまでは仕事をしないという人も多いでしょう。

 

では子どもが保育園や幼稚園に入るまでは働けないのでしょうか?
病院によっては働くママさんの為に、託児所がついている病院があります。
そこであれば仕事の間に子どもを預けておけるし、子どもに何かあった時にすぐに駆けつけることが可能です。
子どもは免疫力が少ないので、すぐに風邪をひいてしまいがち。
そのたびに母親は休まなければなりませんが、託児所があれば子どもが病気でも出勤することが可能です。
休憩の時にはきちんと顔を出せるので、子どもも安心していられるでしょう。
小さい子どもがいる人は、必ずこの託児所の有無を確認してから病院を決めましょう。

更新履歴